• HOME
  • メディカルアドバイザー

メディカルアドバイザーとの連携

株式会社エキフでは、フコイダン療法を行うにおいて癌を始めとする生活習慣病全般における最新の医療や代替療法、健康維持を目的とした予防医学に対してアドバイスをして頂ける医師、薬剤師として「リアルフコイダン メディカルアドバイザー」 をご紹介しております。 以下の医療機関では症状に合わせた摂取方法や、健康維持、統合医療に関するご相談が出来ます。  

メディカルアドバイザー 土井クリニック院長 土井龍一

土井医師

私が代替療法として「フコイダン療法」を取り入れて2年ほどの歳月が過ぎました。今のところ、自分なりに非常に良い結果が出ていると思っております。世の中に万能薬というものは存在しないと思いますが、患者様の負担を少しでも減らしてあげられるものはないかと考えていた頃に「フコイダン」に出会いました。
もし「フコイダン療法」を続けるにあたって不安や悩みがあり、私のアドバイスによってそれが解消されるのであれば、喜んでお力添えさせていただきたいと思っております。それによって一人でも多くの方が苦しみから解放されれば幸いです。  

メディカルアドバイザーのホームページ

土井クリニック戸坂の公式ホームページ

メディカルアドバイザー土井医師のフコイダンの選び方について

以前、患者さんでよくある質問の中にどのようなフコイダンを選べば良い かやどれくらいの量を摂ればいいのかという質問が多いとお伝えしました。あくまでも健康商品ですので臨床的な決まった基準というものは存在してません。しかし、私の経験上、フコイダンは用量に依存して効果を発揮するようで、最初のうちはできるだけ多めの量をしっかりと摂ったほうが良いようです。ただ、それも曖昧な表現なので、言い方を変えて最低限度、これぐらいは摂ったほうが良いですよという基準は作っています。

ただしそれは、抱えている病気や身長、体重、年齢などによって変わってきます。これは健康食品に限らず、抗がん剤などでも同じことです。抗がん剤などを処方するときも身長、体重、年齢等を考慮してその患者に対する必要十分量を決定します。これより少ないと十分な効果が期待できず意味がなくなります。また多すぎると副作用が強くなります。この最低必要量と上限の間で摂取量を決定するのが重要になります。そして、それを決定するために必要になるのがどのようなフコイダン商品を選ぶかということになります。

ここで最も重視すべきポイントはどのような品質のフコイダンをどれくらい含有していて、摂取した量の中に何gのフコイダンが含まれているかが明記されているかということです。そして、できる限りそれらについての公的証明書が明示されているのが理想といえます。私もそこを重視して代替療法用いるフコイダンを選んでいます。そして、どこの商品であれ、それがあれば摂取量の目安を決めることができますし、臨床データも信憑性のあるものとして生きてきます。

今の時代は多くのサプリメントが氾濫し、選ぶ側が見る眼を養わなければ、非常に危険な事態に陥ることも最近のニュースでは少なくありません。皆さんもうまい宣伝文句にだまされないようにし、自分でわからなければ信頼できいつでも相談に乗ってくれる専門家や医師や薬剤師などの先生を持つことをお勧めいたします。不安があればいつでもご相談下さい。

リアルフコイダン(D)
液体タイプとしては高濃度のフコイダン含有量。1瓶720ml/50gのフコイダンを含有。1日30mlを目安にお召し上がりいただくと約2.1gのフコイダンを摂取できます。
販売価格¥35,000(税込)
まずはご相談ください(月〜金10:00〜17:00) フリーダイヤル0120-969-371
購入はこちらから

トップへ戻る